消化管の構造と機能
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPページリンク
消化管_目次
■消化管の構造と機能
■食道
■胃・十二指腸
■腸
■肛門
医学を学びたい人のためのサイトTOP

消化管の構造と機能
▼機能と解剖

消化管
消化管は一言で言えば、食べ物が通る道です。

食物は口から取り込まれた後、消化管を通る間に消化され、必要な栄養素が管の壁を通して吸収された後、 残ったものが便として排泄されます。
したがって、消化管の機能は大きく、消化吸収にあると いえます。

また、消化管の構造は、

口腔→咽頭→食道→胃→小腸(十二指腸、空腸、回腸)→大腸(盲腸、結腸、直腸)→肛門
となります。

口腔と咽頭は、主に、耳鼻咽喉科や歯科が専門としている領域です。

▼組織

消化管の組織学的な構造ですが、臓器によって多少異なりますが、内側から、

粘膜上皮層−粘膜固有層−粘膜筋板−粘膜下層−筋層−漿膜

となっています。

粘膜上皮から粘膜下層までを粘膜層といいます。