肺動脈弁狭窄症
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP循環器>肺動脈弁狭窄症

肺動脈弁狭窄症(PS)

▼PSの概念

肺動脈弁は右心室と肺動脈との間にある弁です。
この弁口が非常に狭くなった状態が肺動脈弁狭窄症です。

成人ではまれで、多くは先天性疾患です。
狭窄が明らかな場合、収縮期心雑音が生じ、小児期に診断されます。
重度の肺動脈弁狭窄では、小児期に心不全を起こすこともありますが、軽症例では 症状はみられません。

▼PSの病態と治療

肺動脈弁が狭くなると、右室からへ血液を送り出すことが難しくなります。
したがって、右室に圧負荷がかかり、右室肥大を来たします。

狭窄が高度な重症例であれば肺動脈弁形成術などの治療が行われます。