小球性低色素性貧血
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP>血液>小球性低色素性貧血

小球性低色素性貧血

▼鑑別

小球性低色素性貧血には、大きく、鉄欠乏性貧血、慢性疾患による貧血(ACD)、無トランスフェリン(Tf)血症、鉄芽球性貧血 サラセミアの5つがあります。これらは、血清鉄と貯蔵鉄(フェリチンで代用)のパターンで、 ある程度鑑別ができます

鉄欠乏性貧血は、鉄が足りないため、血清鉄もフェリチンも低下します。

慢性疾患による貧血は、血清鉄は低下しますが、貯蔵鉄が使えないため、フェリチンが増加します。
無Tf血症も同様の変化となり、血清鉄は低下、フェリチンが増加します(Tfがないため、貯蔵鉄は血清鉄になれない)。

鉄芽球性貧血は、血清鉄も貯蔵鉄も使えないため、どちらの値も増加します。
サラセミアも同様です。

血清鉄 フェリチン
鉄欠乏性貧血
慢性疾患による貧血(ACD)
無トランスフェリン(Tf)血症
鉄芽球性貧血
サラセミア

さらに鑑別を行うために、末梢血標本や骨髄標本を参考にします。