Liddle症候群
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP>腎臓>Liddle症候群

Liddle症候群

▼Liddle症候群の概念

Bartter症候群とGittleman症候群が高レニン性の続発性アルドステロン症にも関わらず血圧が正常なのに対して、 Liddle症候群は、低レニン性の低アルドステロン症にも関わらず高血圧な疾患です。
ただし、低K血症と代謝性アルカローシスは共通です。

Liddle症候群では、Naチャネルに異常があり、Naの再吸収が亢進しています。
そのために高Na血症となり高血圧となります。
Na が高くなっているために同じ陽イオンである K 濃度は下がり、H 濃度も 下がります(アルカローシスとなります)。

アルドステロンは出る必要がなく低値となります。

▼Liddle症候群の治療

Naチャネルを抑制するトリアムテレンが有効です。
また、Naの摂取を控えることも重要です。