膜性増殖性糸球体腎炎
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP>腎臓>膜性増殖性糸球体腎炎

膜性増殖性糸球体腎炎

▼膜性増殖性糸球体腎炎の概念

膜性増殖性糸球体腎炎は、小児期から成人期に発症し蛋白尿、血尿などが生じます。

病理学的には 基底膜の肥厚、メサンギウムといわれる領域と内皮の増殖が見られます。
特に基底膜が肥厚して二重に見えることがあり特徴的です。半月体を 形成することもあります。

▼膜性増殖性糸球体腎炎の検査

尿検査では、血尿や蛋白尿が見られます。

血液検査では、血清補体価の低下が見られます(血清補体価の低下がみられるのは 他に急性糸球体腎炎、ループス腎炎)。
最終的には、病理所見が重要となります。

▼膜性増殖性糸球体腎炎の治療

ステロイドパルスや免疫抑制剤などが試みられていますが、ネフローゼが持続するケースでは 予後不良で、末期腎不全となることが多いです。