巣状糸球体硬化症
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP>腎臓>巣状糸球体硬化症

巣状糸球体硬化症

▼巣状糸球体硬化症の概念

巣状糸球体硬化症は、比較的若年者に生じるステロイド抵抗性のネフローゼです。

HIV感染症で続発することでも有名です。

病理的には、巣状(一部の糸球体)に分節状(糸球体の一部分に)に硬化が生じます。

▼巣状糸球体硬化症の症状と治療

ネフローゼの他に血尿を呈することもあります。
ステロイド治療に抵抗性ですが、ステロイドの増量や免疫抑制剤に反応することがあります。

本症は緩徐に腎不全へと移行します。そのときには腎移植が行われることもありますが、 早期にネフローゼを再発することが知られています。