糸球体疾患とWHO分類
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP>腎臓>糸球体疾患とWHO分類

糸球体疾患とWHO分類

▼概念

糸球体疾患に関しては、臨床症候分類としてWHO分類が用いられています。
これは糸球体疾患を以下の5つに分類したものです。

・急性腎炎症候群
・急速進行性腎炎
・反復または持続血尿症候群
・慢性腎炎
・ネフローゼ症候群

この分類は、腎生検をしなくても臨床的に診断・治療できる利点があります。

腎生検を行った場合の組織学的分類もあります。