膜性腎症
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP>腎臓>膜性腎症

膜性腎症

▼膜性腎症の概念

膜性腎症は、中高年に好発し、免疫複合体が基底膜に沈着してネフローゼとなる疾患です。
B型肝炎ウィルス感染後に生じることがあり、HBV陽性患者では腎機能にも注意が必要です。
また、悪性腫瘍を合併していることがあり、膜性腎症を見たら、 悪性腫瘍がないかをチェックする必要があります。

▼膜性腎症の症状・検査・治療

検診などで蛋白尿を指摘され、徐々にネフローゼ症候群へと移行します。
血清補体価は正常範囲にあります。

治療はステロイドが効果的であるという報告もあります。
また、本症では腎静脈血栓を生じることがあり、抗凝固薬が投与されることが あります。