慢性気管支炎
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP>呼吸器>慢性気管支炎

慢性気管支炎

▼慢性気管支炎の概念

慢性気管支炎は、気管や気管支に慢性的に炎症が生じ、長期間、咳や痰が続く病気のことです。
1959年にFletcherにより定義されました。
長引く風邪のようなイメージでしょうか。長期間とは2年以上連続して少なくとも冬に3ヶ月以上、とあります。

肺気腫とともに、COPDという疾患概念の枠組みで捉えられていることが多いです。

肺気腫が肺胞主体の病変に対して、 慢性気管支炎はより中枢の気管や気管支の病変というイメージです。

▼慢性気管支炎の原因と症状

喫煙、NOxやSOxなどの大気汚染物質が病因と考えられています。ただ、慢性化する機序について は、明らかではないようです。

症状としては、長期的に持続する咳、喀痰が主症状で、特に冬に増悪します。

本症では、気道に病変があるために、防衛能力が低下しています。
したがって、気道感染を起こしやすく(原因菌はインフルエンザ桿菌が多い)、 その場合には、生じた痰などで気道が閉塞され急激に呼吸機能が 低下することがあります。

低酸素状態になると、肺の血管は細くなるため肺の血圧は高くなり(肺高血圧)、心臓に負荷がかかり、右心不全と なることがあります。