チック障害
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP>精神科>チック障害

チック障害

▼チック障害の概念

チックは、不随意的な限定的筋群の運動で、運動チックと音声チックがあります。

抗精神病薬が有効なことからもドーパミン系の異常が疑われています。
ADHDもドーパミン系の異常がいわれていますが、チックは注意欠陥多動性障害(ADHD)、 広汎性発達障害、学習障害に合併することが多いようです。

チックは不随意的に発生しますが、一定の時間は意識的にとめることができるとされます。
疲労時や緊張時には悪化し、何かに集中しているときには軽快することが多いようです。

▼チック障害の治療

チックは自然軽快することも多いです。
程度がひどい場合には、抗精神病薬、最近ではリスペリドンが使われます。