強迫性障害
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP>精神科>強迫性障害

強迫性障害

▼強迫性障害の概念

映画「アビエイター」の主人公や「恋愛小説家」の主人公など、比較的、よく見かける疾患です。
不安障害のひとつで、強迫観念と強迫行為を呈します。

強迫観念は、本人の意志と無関係に頭に浮かぶ不快感や不安感です。

強迫行為は、不快な存在である強迫観念を打ち消したり、振り払うための行為で、 自分ではおかしいとわかっているのに、意味なく手を20回ぐらい洗ったり、何度も戸締りを確認したりします。

生物学的な研究ではセロトニンの関与(したがってSSRI等が有効と考えられる)や前頭前野と帯状回・大 脳基底核を結ぶ回路の機能亢進などがいわれています。

▼強迫性障害の診断

強迫観念と強迫行為が明らかであれば診断がつきますが、 他の精神疾患(統合失調症など)の合併がみられる場合もあります。

▼強迫性障害の治療

精神療法では特に、森田療法が有効とされます。
しかし、強迫性障害が、統合失調症の一表現であった場合などは、 悪化することが知られています。

薬物療法として、最近では抗うつ薬であるSSRI、特にフルボキサミン(商品名:ルボックス)がよく処方されています。
不安がある症例には、抗不安薬が用いられることもありますが、長期間投与となる場合もあり、依存の問題などに 注意が必要です。